【衝撃】松居直美、番組中に突然の号泣…共演者も思わず涙に「まだ続いてたんだ」「本当に辛かったんだろうな」
2024/01/31

タレントの松居直美が16日放送のフジテレビ「はやく起きた朝は…」(日曜前6・30)に感動の瞬間。同番組での長寿番組からのプレゼントに涙し、号泣のシーンが印象的だった。

この日、番組には3人と同年代で、ビーズ手芸が趣味の女性視聴者からプレゼントが届いた。そのプレゼントは、ビーズのストラップで、森尾由美には愛犬「オレオ」、そして、松居には愛猫「ハナちゃん」にそっくりな作品が贈られた。

松居は長年共演する磯野貴理子(58)がお便りの文面を読み上げる時から既に涙ぐんでおり、磯野から「ハナちゃん」のストラップを手渡されると、ポロポロと涙を流して号泣。「涙で前が見えない…」と口にした後はなかなか言葉を発することができないほど感極まっていた。

この姿に磯野も「ちゃんとハナちゃんでしょ?」と言いながらもらい泣きし、「直美ちゃん…。良かったね。ハナちゃん、うれしいよね。大事にしようね、それね」と松居の気持ちを代弁した上で「ハナちゃんが今ね、ちょっと調子悪いのね」と視聴者に短く説明した。

ハナちゃんは2020年6月に松居が家族へ迎えた当時13歳、オスの元保護猫で、松居が前年に愛犬「豆」が虹の橋へと旅立った後、救ってくれた存在だった。現在、ハナちゃんが体調を崩して闘病中であり、松居は涙ながらに視聴者からのストラップに感謝し、「ありがとうございます…」と伝えた。磯野も「だいじょぶ、だいじょぶ」と励ます一方で、「号泣してんじゃん直美ちゃん。もうやだー」ともらい泣きも続いた。

広告

AD
記事
画像集
動画
速報