君島十和子、宝塚卒業の娘との写真を公開するも”顔がやばい”との声が続出に「一体何したの?」「娘さん止めなきゃ」
2024/02/01

元女優で美容家の君島十和子さんが、自身のInstagramで、実の娘で元タカラジェンヌの君島憂樹さんとの2ショット写真を投稿し、話題となっています。彼女は「4月30日 長女が宝塚歌劇団を卒業させて頂きました」と報告し、白の豪奢なワンピースに身を包んだ母娘の姿が写っています。

写真では二人とも鮮やかなワンピースを身にまとい、ヘアメイクもしっかりと整えられており、清楚でゴージャスな雰囲気を醸し出しています。写真はかなり明るく調整されており、十和子さんは娘に寄り添っていますが、母親には見えないほどの加工が施されています。

十和子さんは娘への愛情を綴った長文も掲載し、フォロワーからは母親としての愛情が伝わったとのコメントが寄せられましたが、写真を見たネット上では、「私の知っている君島十和子はどこへ」「白すぎて怖い」「加工がすごい」といった不自然な写真写りに対する指摘が相次ぎました。また、一部のファンからは「国宝級の美しさ」と絶賛される一方で、「国宝級の白さ」といった揶揄の声もありました。

君島十和子さんは中学生の頃にモデルとしてデビューし、女優として活動。芸能界を引退後は美容家としても知られています。今回投稿された2ショットは、十和子さんの長女である憂樹さんとのもので、両親の知名度もあり、小さな頃からメディアに登場していたことが伺えます。憂樹さんの名前については、「憂」という字がネガティブな印象を与えることから、疑問視するコメントも一部見受けられました。

広告

AD
記事
画像集
動画
速報