明石家さんま(68)が「CM中も移動中もずっと喋り続けている」理由「名前はさんまでも、本質は『マグロ』」
2024/01/03

明石家さんまさんは常にお客さんに向かって喋り続けることで知られていますが、その理由は何でしょうか?さんまさんは、出演番組でのトークコーナーでのすごさを発揮しました。『いいとも!』では生放送で、さんまさんとタモリさんが雑談を繰り広げていました。このトークスタイルは当時画期的であり、タモリさんからも評価を得ていました。さんまさんの魅力は、生放送でもトークが面白く、他の芸人が真似できないほどの才能を持っていたことです。また、さんまさんはCM中も絶えず話し続け、観客を楽しませることを忘れませんでした。これにより、CMが終わった時には観客が笑っており、視聴者もますますテレビ画面に引き込まれました。さんまさんのトークは、『いいとも!』が終わっても『いただきます』の冒頭にも続き、その姿勢は勉強になりました。さんまさんは仕事以外でも常に話し続けており、移動中のロケバスでも寝ることなく話し続けました。名前は「さんま」ですが、本質はたえず泳いでいないと死んでしまう「マグロ」のような存在です。私たちはさんまさんのトークに引き込まれ、彼の餌食になってしまうこともあります。さんまさんはいつもしゃべり続け、お笑い怪獣としての存在感を示しています。

広告

AD
記事
画像集
動画
速報