愛子さまは「別格」!鳳凰が羽ばたくお正月の着物 内親王だけに許された優美な「御地赤」
2024/01/01

皇室では、特別な節目に内親王だけが着ることができる着物「御地赤」があります。御地赤は成長に合わせて作られる伝統的な着物で、天皇陛下と美智子さまから、愛子さまや秋篠宮家の眞子さま・佳子さまに贈られました。美智子さまは着物職人の高橋泰三さんに愛子さまの御地赤を作ってほしいと依頼し、泰三さんが図案を作成した後、美智子さまの要望に基づいて仕上げられました。愛子さまの御地赤には鳳凰の刺繍が入り、「お印のゴヨウツツジに松竹梅を絡める」というデザインも加えられました。泰三さんはその後、眞子さまと佳子さまの御地赤も手がけました。愛子さまは成年になったため、もはや御地赤を着ることはありませんが、令和流の皇室は伝統文化を継承しようと努めており、雅子さまや愛子さまもその思いを受け継いでいくでしょう。

広告

AD
記事
画像集
動画
速報