「ゴミ拾い」「あいさつ」「審判さんへの態度」…世界最高のアスリート・大谷翔平(29)が実践した「8つの開運術」【画像あり】
2024/01/01

日本のプロ野球選手、大谷翔平(29)は、30歳になる直前でありながら、トップクラスの報酬を獲得するなど、スポーツ界で非常に成功している。彼が実践している「開運術」とは? 中園ミホさんの新刊『強運習慣100 運をつかんで幸せになる』から一部を抜粋して紹介する。

大谷翔平は高校生の時に「目標達成シート」を作成し、その中には自らの野球界での目標である「ドラ1 8球団」を記入し、「運」という要素も加えていた。彼は運を引き寄せるために、8つの習慣を挙げている。それは、あいさつ、ゴミ拾い、部屋の掃除、道具の大切さ、審判への態度、プラス思考、応援される人になる、本を読むというものである。

大谷翔平はプロの世界で実力がすべてとされる中で、日常の振る舞いが開運に繋がることを認識している。特に、あいさつや審判への態度、応援される人になるといった項目は、運が人と人との間に流れていることを理解しているようである。これらは誰にでもできる身近なことであり、日々を丁寧に、他人のために生きることで運は味方してくれるのだ。

広告

AD
記事
画像集
動画
速報