羽生結弦、105日離婚の元妻が財産分与で推定2億円超を手にする可能性も 「婚姻期間の収入」が対象
2023/12/27

羽生結弦選手は12月7日、29回目の誕生日を迎えました。新婚夫婦にとっては特別な日ですが、羽生はシングルスケーターとして最後の20代の誕生日を迎えました。それに先駆けて、羽生が表紙を飾った雑誌『AERA』が発売され、羽生の未収録カットが掲載されました。また、同じ日には2007年からの写真集も発売される予定です。雑誌や写真集の売り上げは好調であり、羽生の人気に変わりはありません。また、羽生は新たなアイスリンクの開設にも関与しており、多くの人々がフィギュアに親しむ場を提供することを期待しています。さらに、スポンサー企業や大手企業との契約もあり、羽生は経済的にも成功を収めています。一方で、羽生の結婚はわずか105日で離婚となりました。元妻のAさんは引退し、一切コメントを出していませんが、離婚に伴う財産分与が行われる可能性もあります。結婚から離婚までの期間は短かったが、羽生にとっては多くのことがありました。

広告

AD
記事
画像集
動画
速報