「後進につないでいかなくちゃいけない」市川猿之助(48)が語っていた歌舞伎のミライ
2023/12/31

市川猿之助は、役者としてだけでなく演出や配役にも積極的に関わり、後輩たちの才能を引き出すために努めていた。彼は後進の指導に取り組むことが歌舞伎役者の義務であり、歌舞伎を守り続けるべきだと考えていました。若手たちは彼の指導によって成長し、将来的には教えを返すことで伝統を継承していくのです。しかし、役が付かない場合、自主公演を開催する必要があります。最近では若手の勉強会が減少していますが、猿之助が演出や配役に関わったことで、若手たちは舞台で経験を積み、古典歌舞伎でも活躍できるようになったのではないでしょうか。そのため、猿之助の欠場が心配ではありますが、彼の復帰を願っています。彼は自分の性格を熱しやすく、飽きっぽいと分析しており、舞台作りまでは楽しいが、他の人に任せるのは勿体ないとも語っています。彼の復帰を切に願いつつも、脚本家や演出家としても才能を発揮して欲しいと思っています。歌舞伎界は過去に何度も存亡の危機に直面してきましたが、若手たちの活躍によって復活しました。今後も尾上松也や坂東巳之助などの若手たちが活躍し、歌舞伎の未来に希望が持てると信じています。

広告

AD
記事
画像集
動画
速報