「志の輔さんにはよく奢ってもらったのに…」落研時代の渡辺正行(67)がやらかしてしまった「立川志の輔邸おもらし事件」の笑撃
2023/12/30

明治大学の落研時代、渡辺正行さんは先輩の立川志の輔宅で大失態を犯してしまった。文化祭での落語の練習に励んでいた彼は、志の輔さんの練習方法や努力を知る機会がほとんどなかった。落研の先輩たちとの交流は、主に雀荘や飲み屋で行われており、飲み代は上級生が後輩のために負担していた。1976年2月、志の輔さんが高座名を引き継ぐために一緒に飲む機会があり、その後、志の輔さんのアパートで泊まることになった。志の輔さんの部屋は整理整頓され、ベッドもあったが、渡辺さんは座布団の上で寝ることになった。夜中におねしょをしてしまい、洗濯機に座布団を入れてしまったが、志の輔さんに気づかれることとなり、情けない思いをした。しかし、この出来事を乗り越え、渡辺さんは紫紺亭志い朝の6代目となった。

広告

AD
記事
画像集
動画
速報