【衝撃】芦田愛菜“こじらせ演技”にイライラ!? 『さよならマエストロ』でイメージ低下の危機!?
2024/01/31

TBS系列のドラマ『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』で、西島秀俊が主演し、芦田愛菜が西島の娘役を演じていることが注目を集めています。ドラマは天才指揮者の父・夏目俊平(西島)がウィーンから日本に帰国し、晴見市の市民オーケストラの再興に奮闘するストーリーで、響(芦田)との不和が物語を牽引しています。

第3話では、響が引き続き俊平に対して冷たい態度を取り、毒舌を発揮しています。視聴者の中には響の態度にイライラを覚える者もおり、彼女の行動を理解できないまま物語が進んでいます。森大輝(宮沢氷魚)が楽器の腕前で悩んでいる場面においても、響は毒舌を交えながらも音楽に対する愛着を見せ、そのギャップが印象的です。

しかし、響の俊平に対する冷たい態度の理由はまだ分からず、響が「私はずっと見つけようとしているんだよ、違う生き方を。なのになんで、なんで帰ってきたの!」と泣き叫ぶ場面も登場し、物語は謎めいた展開を続けています。

視聴者の一部は、この状況を「子どもが遅めの反抗期をこじらせているように見える」と指摘し、イライラを感じる意見も多く見られます。一部の視聴者は、ドラマ全体の進行が緩慢で、親子の対立が早く解決され、ハートウォーミングな展開を望む声が寄せられています。

『さよならマエストロ』のタイトルに冠せられた「アパッシオナート(情熱的)」という言葉からも、親子の関係がいずれ改善され、感動的な展開が期待されています。しかし、視聴者は物語がもっとスピーディーに進展し、不仲の理由が早く明らかにされることを期待しており、第4話以降が注目されています。

広告

AD
記事
画像集
動画
速報