水道橋博士 下血止まらず 「気が遠くなっていく」 救急車で病院へ 「ポリープの傷跡から、血管が飛び出していた」 入院の様子明かす
2024/01/01

タレントの水道橋博士さんが、自身のSNSやnoteを更新して、下血が続き緊急搬送されたことを明かしました。水道橋さんは、自身の体調の悪化について詳しく報告し、「下血が止まらず、8回連続で起こり、非常に心配だった」「末っ子の誕生日ケーキを買って帰宅しながらも、立っていられないほど体力が衰えていた」と述べました。その後、彼は病院へ搬送され、血圧が下がり続ける状況にありました。病院では震えが止まらず、激しくかみ合わせがガタガタと音がするなどの症状が出たため、入院することとなりました。内視鏡検査では、ポリープの焼却手術中に血管が出血していたため、再度手術が行われました。診断書の写真では、「下部消化管出血」という病名が記載されていました。

広告

AD
記事
画像集
動画
速報