朝ドラ『ブギウギ』笠置シヅ子が愛した9歳年下の美青年…戦時下に燃え上がった“恋のゆくえ”は
2023/12/28

朝ドラ『ブギウギ』のヒロインは戦後に「東京ブギウギ」で一世を風靡した笠置シヅ子であり、彼女は戦前から戦後にかけて幅広く活躍し、日本の芸能史においても特筆すべき存在です。松竹楽劇部に入団し、頬を赤く塗ったコミカルな娘役で注目を集めました。1938年、松竹楽劇団に移籍し、そこで服部良一と出会い、ジャズを歌うことで成功を収めました。太平洋戦争が始まる前に一度歌手として栄光をつかんでいましたが、戦後の時代を象徴する「東京ブギウギ」が大ヒットし、彼女は「ブギの女王」と称されるようになりました。笠置は戦争中に大切な人と別れを経験し、その後も悲しみを抱えながら歌い続けました。彼女の私生活では、吉本頴右という人物と恋に落ちましたが、頴右は病気で亡くなり、笠置は娘を一人で育てる決意をしました。彼女の歌と姿は復興のイメージと結びつき、多くの人々に希望を与えました。笠置は長らく引退していましたが、再び活動する機会もありましたが、それには応じず、自分の歌は一切歌わないといいます。彼女は1985年に亡くなりましたが、美青年の頴右の思い出をいつまでも心に抱いていました。

広告

AD
記事
画像集
動画
速報