下血で救急搬送・入院の 水道橋博士さん 「改めて昨日は『死』の手前だったようです」 「厳禁されている飲酒を年末にしていたのが原因です」
2024/01/01

タレントの水道橋博士さんは、自身のSNSで入院中であることを報告し、続けて症状の原因について説明しました。彼は、「入院二日目で点滴が続いているが、意識はバッチリだ」と述べ、昨日は死の淵にいたが、家族が迅速に119番してくれたおかげで助かったと感謝しています。また、最初の病院の医療ミスではなく、自身が年末に飲酒をしていたことが原因だったと明かしました。さらに、「キムチ納豆」にハマって毎日作っていたが、その結果、便秘に悩むこととなり、直腸ポリープの除去の傷跡にも良くなかったと述べました。最後に、彼は自身の病名を「下部消化管出血」とし、傷跡の縫い後を「下部は糾える糸の如し」と表現しました。

広告

AD
記事
画像集
動画
速報