【衝撃】芦原妃名子の悲しい最後…『セクシー田中さん』作者の苦しいいたわりを笑って中傷し続ける人々によるSNSの投稿内容に心を打たれ…遺書の中身に驚愕が広がる…
2024/01/31

漫画雑誌で連載中の「セクシー田中さん」で知られる漫画家、芦原日子さんが行方不明となり、その後の捜査で栃木県日光市の川路ダムで女性の遺体が見つかりました。芦原さんの本名である松本立子さんの関係者から行方不明届が提出され、警察が捜索を行っていました。しかし、栃木県内で芦原さんの遺体が発見され、現場の状況から自殺の可能性が高いと見られています。

芦原日子さんは様々な作品を手がけ、その中でテレビドラマ化も果たしていました。特に、「セクシー田中さん」は2019年10月から日本テレビ系列でドラマ化され、芦原さんは自身のSNSで脚本を担当したことを明かしていました。しかし、後にそのコメントを削除し、謝罪コメントだけが残されていました。

ドラマ制作には脚本家の相澤裕子氏も関与しており、彼女のInstagram投稿が騒動の発端となりました。相澤さんは芦原さんが原作に対しての意向を無視して脚本を書いたと主張し、ネット上で批判の声が相次ぎました。芦原さんは一度も相澤さんと会ったことがないとツイートしていました。

芦原さんの死後、SNS上でのコメント欄が閉鎖され、議論が広がっています。この騒動は、ドラマ制作や脚本家の役割について考えさせられる出来事となっています。原作者の意向を尊重することは作品の品質を保つ上で非常に重要であり、今回のトラブルは遺憾であり、謝罪が必要です。

芦原日子さんのご冥福を心よりお祈りいたします。この悲しい出来事を教訓に、今後同様のトラブルが起こらないよう願っています。

広告

AD
記事
画像集
動画
速報