木村拓哉、旧ジャニーズ問題に初言及「自分の言葉で言える場所がなかった」 明石家さんまへの相談も告白
2024/01/01

お笑い芸人の明石家さんまと歌手の木村拓哉が冠番組『さんタク』で旧ジャニーズ事務所に関する問題について話し合った。木村は2023年について「自分の声で自分の言葉で言える場所がなかった」と述べ、この問題については初めて言及した。さんまは「騒動1発目か?」と聞くと、木村は「そうなりますね」と答えた。木村はさんまに相談したが、さんまは否定し、木村は「バックレずにやってみます」と話したという。木村は被害者やファンに心配をかけたことを申し訳なく思っており、さんまは木村が落ち込んでいたのか尋ねた。木村は悩んだ表情を見せ、さんまの言葉に同意した。昨年、ジャニーズ事務所はジャニー喜多川元社長の性加害問題を受けて事務所名をSMILE-UP.に変更し、新たにマネジメント会社・STARTO ENTERTAINMENTも設立された。

広告

AD
記事
画像集
動画
速報